このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

英語を活用して、
自己肯定感がバツグンに高い
子どもをいち早く育てたいママへ


【無料テキスト ダウンロード】
子どもの自己肯定感がバツグンにUPする
たった3語の英語フレーズ10選

あなたは、子どもたちのためだと思って
否定的な言葉・声かけをしていませんか?

子どもたちのことを心配するあまり
子どもたちのことを思うばかりに
ついつい出てきてしまうのが

「ダメ!」「危ない!」「それ違うよ!」

と言った否定的な言葉の数々。

これらの言葉の背景にどんなに
「子どもを想う気持ち」があっても
子どもたちに届く・伝わる声かけをしなければ
自己肯定感は下がるばかり。

子どもたちの自己肯定感をあげるには、
方法があるんです!


この方法を知らないと、子どもたちの
・自己肯定感の低さ
・集中力のなさ
・やる気のなさ
などの悩み・不安を抱え続けることになります。

英語を活用することで
子どもたちの自己肯定感がバツグンにUPする方法がこの中にあります。

「なんでうちの子は自信がなく
オドオドしているんだろう?」

「色々なことに挑戦して欲しいのに、
やりたがらない。」


これらは
ママやパパからの声かけ次第で
劇的に変えられる!!


この声かけを知り、
日々の会話の中に取り入れていくことで
子どもたちの自己肯定感がどんどんUP
していきます。

このままずっと、自分に自信を持てない、
自己肯定感が低いままの子どもにしたくない方は、
今すぐダウンロード▼▼▼

おきゃくさまの声

6歳の娘は、少し難しい言葉や事象にも興味が出てきて、
見聞きしたこと、なんでも質問してきます。

以前は、「なんでー?」と聞かれると、
(あーまた来たー…)と心の声が漏れるように、
「えー、ママもわかんないよー…あとでね」

と答えてしまうこともしばしば。
それが、"Good question!"を挟むようになったら
ポジティブな印象に変わりました。

娘の質問に、
私がよく"Good question!"と使っていたら、
ある日娘が、何か質問した後、
自分で「グックエッション(Good question)?」
と誇らしげに聞いてくれました!

臆さず質問できる自信をつける言葉のようです!

ごとう  ゆみこさん
6歳の女の子と2歳と0歳の男の子のママ

先生にいわれたことを練習させていかなきゃ!
とダメなところをなおすことばかりして、
憂鬱な時間だったピアノ練習。

そこまでして習うべきなの?と思ったりもしましたが、
私の声かけをかえてみました。

とにかくほめる!いまいちだなーと思っても(笑)ほめる!

「Well done!」「Amazing!」「Bravo!」を連発!

そしたら、「できないー!」といじけることはあっても、
「じゃ、やめる?」と聞くと「やる!」という言葉が
返ってくるようになりました。

今は、私も一緒に弾いてみたりして、
毎日のお楽しみタイムになっています。

後藤美津子さん
5歳女の子のママ

我が家で"Believe in yourself!"を使いました!
ミニバスのリーグ戦の最終日。

2試合勝てば、総合2位が決定!
小5長女は、ちょっぴり緊張していたので、
"Believe in yourself!" 自分を信じて!と、
伝えてみました。

以前は、がんばって!と、送り出していましたが、
プレッシャーをかけているかも?と、
思うところがあったんです。

そこで、ゆき先生オススメの"Believe in yourself!" と、
声をかけてみました。

すると、嬉しそうに自信に満ちた笑顔を
みせてくれたんですよ♡

これからも、長女の大事な時に使っていきますね!

山本綾子さん
小学5年生と2年生女の子のママ

我が家で"Believe in yourself!"を使いました!
ミニバスのリーグ戦の最終日。

2試合勝てば、総合2位が決定!
小5長女は、ちょっぴり緊張していたので、
"Believe in yourself!" 自分を信じて!と、
伝えてみました。

以前は、がんばって!と、送り出していましたが、
プレッシャーをかけているかも?と、
思うところがあったんです。

そこで、ゆき先生オススメの"Believe in yourself!" と、
声をかけてみました。

すると、嬉しそうに自信に満ちた笑顔を
みせてくれたんですよ♡

これからも、長女の大事な時に使っていきますね!

山本綾子さん
小学5年生と2年生女の子のママ

わたしの想い

「自由に未来を描き
ありのままの自分で
生きられる世界の創出」


これが、
わたしがアットホーム留学を通じて実現したい未来です。

・〜でなければならない
・〜すべき 
といったしがらみや間違った思い込みを手放し

ありのままの自分を認め、受け入れ
自由に羽ばたいていける親子を
増やしていきたい。


このわたしの想いを
アットホーム留学を通じて実現できる!
そう確信しているので、
アットホーム留学ティーチャーという働き方を選びました。


なぜなら、
アットホーム留学に出逢い、
アットホーム留学での学びを実践し続けていく中で

私自身が、

自分を認め、受け入れ、
自由に未来を描き
ありのままの自分で生きる


そんな一歩を踏み出すことが出来たからです。

たしろゆきってどんなひと?

Hello!!
はじめまして。

アットホーム留学ティーチャー
たしろゆきです。

静岡県御殿場市、富士山の麓で
3人姉弟の真ん中っ子として1982年に誕生。

母親に叱られてばかりの姉の姿を見てきたので
超要領の良い、典型的な「良い子」として育つものの
その反動ははかりしれず・・・

中学卒業と共に親元を離れ、
高校留学・大学留学と
ある種の「逃亡生活」を送ってきました。

留学経験があるくせに、
英語へのコンプレックスは手放せないまま、
全てが中途半端な状態で帰国した私は、

営業職・販売職・事務職などなど
様々な仕事を経験しながら、
結婚・出産・子育てを経て、

人生の転機となる
アットホーム留学との出逢いを果たします。

私については、アメブロに「マイヒストリー」
書いてありますので、じっくりゆっくり読んでください。


→ ブログ【千葉県・船橋/オンライン】アットホーム留学ティーチャーたしろゆき


子どもが「やってみる!」とチャレンジできるようになる!
今すぐ使える英語の声かけとおうち環境の作り方が
手に入る個別相談

  おひとり様1回限り!! 

新しいことへの挑戦を怖がっていた子
新しいことに 果敢にチャレンジできるように!  
自分の考えや思いを伝えることができなかった子
自由に堂々と表現できるように!    
飽きっぽく途中で投げ出してしまう子諦めない子に

1日たった10分の
親子のコミュニケーションを変えることで、

子どもの「英語力」と「自己肯定感」
高めていける手がかりを手に入れる90分

『アットホーム留学個別相談会』
申込はこちらから▼▼


考える力・調べる力・伝える力・
しつもん力・アイデア力

5つの力も同時に身につく!
「教えない教育」に向けた新しい英語

【英語力とコミュニケーション力】
・親子の英会話で子どもたちの未来に必要な英語力が身につきます!
「教えない」を徹底しているので子どもたちの考える力・調べる力・伝える力・しつもん力・アイデア力も身につきます!

【環境】
否定のない環境があります。
・間違えても失敗しても「It’s OK!」と認めてもらえる環境があります。
・それぞれの思い・考え・意見を自由に発言し、違いを認め、大事にしてもらえる環境があります。


【五感】
・見る・聞く・触る・食べる・嗅ぐといった
五感を意識した会話・質問があります。
・机上での学び以上に、リアルな体験・体感を大事にしています。

【メンタル】
自己肯定感がアップします。
・I believe in you! あなたのこと信じてるよ!You can do it! あなたならできるよ、と常に寄り添い併走します。

【仲間】
共に切磋琢磨、刺激しあえる仲間がいます。
・本音で語り、本音でぶつかりあえる、〇〇ちゃん/◯◯くんのママではない、自分自身で向き合える仲間と出会えます。

【メンタル】
自己肯定感がアップします。
・I believe in you! あなたのこと信じてるよ!You can do it! あなたならできるよ、と常に寄り添い併走します。


すぐ使えるフレーズ10選をプレゼント

【無料テキスト ダウンロード】
子どもの自己肯定感がバツグンにUPする
たった3語の英語フレーズ10選

あなたは、子どもたちのためだと思って
否定的な言葉・声かけをしていませんか?

子どもたちのことを心配するあまり
子どもたちのことを思うばかりに
ついつい出てきてしまうのが

「ダメ!」「危ない!」「それ違うよ!」

と言った否定的な言葉の数々。

これらの言葉の背景にどんなに
「子どもを想う気持ち」があっても
子どもたちに届く・伝わる声かけをしなければ
自己肯定感は下がるばかり。

子どもたちの自己肯定感をあげるには、
方法があるんです!


この方法を知らないと、子どもたちの
・自己肯定感の低さ
・集中力のなさ
・やる気のなさ
などの悩み・不安を抱え続けることになります。

英語を活用することで
子どもたちの自己肯定感がバツグンにUPする方法がこの中にあります。

「なんでうちの子は自信がなく
オドオドしているんだろう?」

「色々なことに挑戦して欲しいのに、
やりたがらない。」


これらは
ママやパパからの声かけ次第
だった!!

この声かけを知り、
日々の会話の中に取り入れていくことで
子どもたちの自己肯定感がどんどんUP
していきます。

このままずっと、自分に自信を持てない、
自己肯定感が低いままの子どもにしたくない方は、
今すぐダウンロード▼▼▼